『営業マンの独り言』ブログNo.15

ベタで熱くてすいません
Ja爺です。

 

今回はジャズオルガンのコンピアルバムをきっかけに
聞き出した、マイヒーロー、ブルーノートの看板ギタリスト
グラント・グリーン!シングルノートをこれでもかと重ねて
くる、スタイルにトランス状態(早いパッセージでも淡々と
やっちゃいます)とは云え中でも一番のお気に入りは、
シンプルにメロディーをたどってくる『アイドル・モーメンツ』
タイトル曲のアイドル・モーメンツとジャンゴがブルーで
深くてたまりません。うすーくかかったディストーションと
リバーブ。歌うようなアタックにうっとりです。

普段はトレイにのせる事が少ない、ジョーヘン(ts)もこの
演奏が一番好きかもです。

こちらは↓好きでたまらない曲エクソダスが入っていたので、
即購入。グラント・グリーンとベン・タッカー(b)の組合せ良いです。

最後はレコードジャケット、マイベスト10に入れたい
アム・アイ・ブルーまさにブルー(レコードとCD両方
買っちゃいました。)かっこよか~
フォトはフランシス・ウルフ(最近ブックレットが出てます)
レコードエンジニアはもちろん、ルディ・バン・ゲルダー
・・・他にもまだまだ

日本人に人気のグラント・グリーン松尾和子あたりの
曲をスローにしっとりと演られたら、はまったろーなー。