『営業マンの独り言』ブログNo.26

こころふるわせて (Ja爺)

 

じめじめ陽気で気分もどんより・・・
と云うことで、今回はこれでリフレッシュ。

 

 

主役は10代なかばから活動を開始しながら、
あまりその名が聞かれることがなかった
「ジーン・ディノヴィ」

 

なんと、62歳 (1928年 ブルックリン生まれ)の時に
横浜のマイナーレーベル 「マシュマロレコード」に、初ピアノトリオ.リーダー作
プレシャス・モーメント(91年)をレコーディング。
くぅ~

 

遠山晃司(ベース)、木村由紀夫(ドラムス)をバックに全7曲。

2曲目の「煙が目にしみる」もよいけど、
7曲目の「星影のステラ」…… 最高です!
(シンバルのシャキンシャキンも心地よし)

 

お次はつづく91年レコーディングの
「ハウ・ビューテヒフル・イズ・ナイト」

 

 

夜をテーマに全7曲。

 

今日は3曲目
「メイビー・セプテンバー~ハウ・ビューティフル・イズ・ナイト」が
しみるぅ~
(ベースのドン・トンプソンが、こんなによかったとは…)

 

3枚目は、2002年レコーディングの
「ゴールデン・イヤリング」

 

 

70代なかばで、絶好調の11曲。

 

① ザ・ソング・イズ・エンディット
② コールデン・イヤリング
③ ブルース・マイ・ノーティ・スウィーティ・キヴズ・トゥ・ミー
を繰りかえし、繰りかえし……

 

この人のピアノ
心のひだに届くんです。

 

ここでも、ベースのニール・スウェインソンと
ドラムのテリー・クラーク ~ よいです。

 

かつて伊東でもライヴを行った、ジョン・ディノヴィ (信じられない…)
行けなかった。。。

 

明日は、ソー・イン・ラヴか…