『営業マンの独り言』ブログNo.32

セロニアス道士 様 (Ja爺)

 

先日、図書館へ行った際、借りたい本が貸し出し中…。
何気に子どもに混じって、DVDコーナーへ。

 

へぇ~ こんなのあるじゃん

「セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー」

 

制作総指揮がクリント・イーストウッド (かなりJAZZ通な方です)
ドキュメンタリー中心にモンクの姿を追っています。

 

モンクは音でしか接してこなかんたんですが、(多少敬遠ぎみに…)
映像込みのリアルなモンクの演奏と、本でしか知らなかった
奥方のネリーと男爵夫人ニカ様の動くお姿を拝見でき… 感激!

 

指をまっすぐに広げて鍵盤を強打するモンクの姿と
後半に出てくるトミー・フラナガンとバリー・ハリスのデュオの
「モンクはこうやって弾いていたぜ」のやりとりに… イイネ~。

 

あと同じ1988年、チャーリー・パーカーの伝記もので「バード」
ここでもクリント・イーストウッドが監督やってます。

それから、バド・パウエルと貧乏フランス人デザイナーとの
実話をもとに描いた1986年の「ラウンド・ミッドナイト」

映画では、バド・パウエル(ピアノ)が
デクスター・ゴードン(サックス)に置き換えられておりますが…
(ここには、イーストウッドはおりません)

 

「バード」「ランド・ミッドナイト」はストーリーものです。

 

久々にモンクに接したら、無性にバット・ビューティフル(ジェフ・ダイヤー著)を
読み返したくなった…。

 

返却ついでに借りてこよっと。