『営業マンの独り言』Nо.77

I Fall Love Easily (Ja爺)

 

邦題が「惚れっぽいわたし」

 

今までどうしてもものにならなかった、アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イージリー。
邦題からして女性の歌もの (確かに最初はそう思っておりました) かと思いきや

かのフランク・シナトラが映画「錨をあげて」の中で歌ってヒットしたスタンダードナンバー(ショール・スタイン作曲、サミー・カーン作詞/シナトラがこの新人使わないんなら映画に出ないと言ったとか…)。

 

一応、いろんな演者の音源を聴いてはきましたが、どうしても口ずさめない…。

 

ところが、何気に車の中でかけたCDから「わかる、わかる、旋律が入ってくる。

それが1996年の「The Art Of The Trio VOL.1」

 

(今までこねくりまわした演奏しか聴いてこなかったのか)

 

 

ピアノはもちのブラッド・メルドー、ベースにラリー・グラナディア、ドラムはホルヘ・ロッシの黄金トリオ。

 

音数少なめで、一音一音に気持ちをのせてしっとりと女性が歌っている様なイメージ。

(この人、ほかの盤でも同じ曲を歌ってます。)

 

聴かなくなった演奏を何年かしてふと聴くと、当時うけた印象とはちがう感じで曲がすりよってきて… 手放せなくなる。

まさに I Fall Love Easily。