『営業マンの独り言』No.54

帝王ふたたび (Ja爺)

 

1940年代のバップ期より活動を始めた、jazz界の大物 マイルス・デイビス

(Jazzに興味がない方でも知っている…)。

 

若いころに「バース・オブ・クール」「ウォーキン」「バグル・グルーブ」「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」「カインド・オブ・ブルー」等々、買いあさり、一通り聴いて、知った気分で、ハイそのまんま(ありがちじゃないかと)…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中でもCDで持っているせいか、今でもたまに聞くのが暗~いジャケットの「フォア&モア」(1964年)。

かの村上春樹氏のエッセイの中でも「もとの自分にもどれない失われた一日」に聞いた音楽として記されておりました。

抑制のきいたマイルスの演奏の中でも、とりわけアグレッシブなアルバム。

 

 

 

 

 

 

 

若きトニー・ウィリアムスとロン・カーターの高速リズムにあおられ、いつもは静的な印象のマイルスが疾走しまくり、ジョージ・コールマンも見事にはまっている。

(ノーギャラだったため、怒りで緊張感が生まれたらしい)

 

しまいっぱなしのマイルスの他のレコード。

ひっぱり出して聞き直してみるか…。

 

レコード針、取りかえなくっちゃ…。