どうなる?住宅市況。。

そろそろマグマ噴出か?なんて事もささやかれている住宅市況・・
これからどうなるのでしょうか?

これは、昨年から住宅の着工戸数が数十年ぶりに100万戸を割った
実際には80万戸を割った状況で、更にマンションの販売戸数も
大幅な下落となっている住宅市況で、今まで買い控えていた人たちが
一気に動き出すかもしれないという予測からの内容のようですが・・
実際はどうなんでしょうか?

今年度は住宅版エコポイント制度や
贈与税の大幅な見直しによる期間限定ではあるけれども
税制の優遇などなど
住宅を取り巻く環境が大きく変わっていることが
上記のような予測を生んでいるのかもしれません。。

世界的な不況という背景は、依然として変わらず
株式・為替など不安定な状況ではありますが
明けない夜はないと言うことなんだと思います。

どんなに不況であっても
賃貸住宅に住んでいるのであれば
結局家賃を払っているわけで
住居にかんする費用と言うのは、当たり前のように
支払うことになってしまうわけです・・・
ならば、買い控えている方々も、何処かで
マイホームの購入をすることになるんだと思うわけです。。。

景気の良くない今・・・・
だから、住宅ローンの金利も安いって事を知ってください。
景気が良くなると、金利がジワジワ上がって来ますよ・・・
金利が上がってしまうと
同じ金額のものを買ったのに
支払う金額が全然違ってしまうってことを知ってください。

いつが買い時なのか・・・正直わからないですが
金利が安い時って言うのは、買い時ではないでしょうか。。。