今度の住宅ローン減税

21年度のローン減税については、少し前に新聞で
過去最大規模の総額600万円の枠(200年住宅)となるようです。
実際のローン減税については、皆さんが支払った所得税や住民税の一部が
戻ってくることになりますので・・・・
ご年収や扶養家族の人数等でかなり変わってくるのかなぁと思いますけど。。。

しかし、政局より政策・・・・と言っていたエライ方がいましたが・・・
特に素晴らしいって思える政策が・・・・出てきませんが^^;
政局が安定しないので政策もままならない・・・と言ったとこなんでしょうか・・

まさに『ミゾウユウ』な事態ですか・・・

最近は、どのニュースソースを見ていても
暗い話題ばかりで、これからの日本はどうなっちゃうのか心配になりますよね
そんな中、今家を買っても大丈夫なのかと心配されている方の声をたくさん聞くんですけど・・・

私は、住宅の営業マンですので当然、今だから建てるべきですと言うんですが・・・
実際住宅ローンを抱えて行くことの不安と言うものは、同じ立場として
非常に理解しちゃうんですけどね^^;

ただ、日銀の話で更に景気対策の一環だと思いますが
金利を下げる傾向にあるようです。。(0金利はどうだか・・・・)
そうなれば、更に住宅ローンの金利が下がるんじゃないかと期待はもてるんじゃないでしょうか?
無茶な住宅ローンを組むなんて事は論外ですけど
今の家賃・駐車場代・そして多少の貯金を合計した程度の支払を目標にした
返済計画での住宅ローンに押さえて行くことを考えれば
やはり、今住宅は必要だろうなぁって信じてるんですけど・・・

結局(何度も言ってますけど)家賃って捨ててしまうお金ですし
毎月例えば6万円の家賃を払ってるとしたら
年間72万円・・・・10年払ってるとしたら、すでに700万円以上のお金を
居住費に費やしてるのに・・・・手元には何も残ってないんですから・・

将来、年金がどうなってるのかまったく不安な時代ですし
年金が出ない状態での生活費だけじゃなく家賃まで捻出するって事は
考えただけでも怖いものがあると思うんですよね・・・・

この時勢で、来年の心配は大きいですけど
こんな時勢だからこそ、将来(数10年先)の心配を考える時期かなぁって思ったりします。