住宅ローンについて

住宅を購入するために大切なこととして
住宅ローンが組めるのかな?
ローンを払って生活出来るかな?
と言った心配があるかもしれません。。
そこで、一応の目安として今日は少し・・・

最近、新聞等で景気回復傾向にある。。
などと言う記事を目にすることが増えてきましたが
実際、みなさんは景気回復してるなぁと実感されてる方がどのくらいいるでしょうか?
今は、住宅ローンを組む時にボーナス返済をしない人が多いです。
一般の企業では、ボーナス削減あるいはボーナスなしと言った企業もまだまだ多いです。
また、今はボーナスはちゃんと出ているけど数年前に辛い思いをした人などは
ボーナス返済を躊躇するでしょう。。
公務員の方などは、それでも比較的安定してボーナスが出ていますので
今、公務員の方以外でボーナス返済を希望する人はいなくなってきました。。
まぁ公務員の方も、最近は昇級の見直しやボーナスの一分カットがあるようですが・・

まず、ボーナスの返済をあてにしないで無理のない返済を考えて行くことが重要でしょう。
最近の金融機関によっては、非常に安い金利を設定しています。
ただし、低い金利設定と言っても3年固定とか5年固定と言った短い期間だけ
低めの金利で、それ以降変動型になってしまう商品もありますので注意が必要です。
住宅ローンを組む際の目安としては、将来の金利の上昇を考えて
年利2.5%くらいだとして、今大丈夫かなって考えておけば大丈夫じゃないでしょうか
金利が上昇する条件としては、一般的には景気が回復している状態と言えますので
それ以上金利が上がった場合は、所得も多少上昇していると思うからです。

さて、では金利が2.5%だとすると毎月いくらの返済になるのでしょうか。
35年返済と考えた場合の返済額として・・・・

100万円あたりの借入にたいして 3,574円になります。。
よって単純に、1,000万円の借入なら35,740円 2,000万円なら71,480円となります。

仮に、3,000万円を借りた場合でいろいろシュミレーションしてみましょう。
その場合の返済額は、毎月の返済額は 107,220円となり年間では1,286,640円となります。
では、この金額を支払うためにどのくらいの収入が必要となるか・・
一般的に金融機関は、年間の返済率を年収の30~35%くらいとしています。
安全を見て、返済比率を30%と考えると・・・
約430万円の年収の人なら大丈夫じゃないかなぁと言った所でしょうか。
これは、あくまでも目安と言う数字ですので、みなさんの判断で大丈夫かどうか考える必要があります。

今、アパートとかの賃貸住宅にお住まいであれば、今の家賃+駐車場代と比べて
どうかと考えると、解りやすいかもしれませんね。。
ただ、マイホームを持つと、維持管理・固定資産税なども必要になってきます。
今は、住宅ローン減税という制度がありますので
その制度が利用できるうちにスタートさせると、固定資産税分くらいはカバーできるかもしれませんね。。
詳しくは、住宅等の営業マンに相談すれば良いと思いますが・・

あと・・・
注意して欲しいことがあるのですが・・
ブラックリストなんて言う言葉を聞いたことがある人がいるかもしれません・・
実際にブラックリストなんてリストが存在するわけではないのですが
これは、概ね7年間遡ってローンなどを借りた実績のデータがあるのですが
返済をしている最中に、銀行の残高が不足して引き落としが出来なかった
と言うような経験のある方は、ちょっと注意が必要です。。。
その履歴が審査する時に解ってしまい、一度くらいならそのままNGとはなりませんが
その理由等によっては、ローンの審査に通らないことがあります。
ちょっと不安な人は、早めに営業マンに相談すると良いと思いますよ。。

最後になりましたが、日頃このブログでお世話になっているPlusoneさんのHPが
今日から本格的にオープンしました。。
おめでとうございます。これからも宜しくお願いいたします。