住宅税制が変わります。

平成19年度の税制改正の概要が決まりましたのでお知らせします。
今回は、もっとも関心のありそうな、住宅ローン減税について
お知らせ致します。

三位一体改革の税源委譲が住宅ローン減税の控除額に与える影響を
緩和し、引き続き無理のない負担での住宅取得を支援するため、
平成19年・20年の入居者を対象として、控除期間を15年に
延長した制度と現行制度との選択適用を認める特例措置を講ずる事
になりました。

現行制度は借り入れた住宅ローンについて平成19年度は
2,500万円まで、平成20年度は2,000万円までの分の
借入残高に対して、平成19年度は1~6年目までは1.0%を
7~10年目までを0.5%を最大200万円まで減税(年末調整
にて還付)また、平成20年度は同条件にて最大160万円までを
減税するものでした。
これを、減税期間を延長し、1~10年目までを0.6%とし
11~15年目までを0.4%とするものが選択出来るように
なったのです。

期間が長くなるけど、減税率が下がるのでどっちが得なのか?

この制度は、あくまでも減税ですので
自分が払った税金以上には戻ってこないと言うことです。
2500万の借入に対して、現行制度ではその1%が減税になる
のですから、最大25万円が年末調整で戻ってくるわけなんですけど
その年の所得税を25万円も払っているかどうか?
子供が2人いて、奥さんが扶養家族であれば、控除額が大きく
そんなに払っていない人が多いのでは?
2500万円にたいして新制度の0.6%とすると15万円になります
このあたりを参考に、貴方が所得税をいくら払っているのかを考慮
して、どっちが得なのかを見極めると良いかもしれませんね^^

初めて住宅を取得する一次取得者であれば
新制度を利用した方が得な方が多いかもしれません。。
これは、住宅を購入するさいに、担当の人に相談してみたら
良いかと思います。