見学会開催のお知らせ。。

2月10日~12日伊東市荻門野会場見学会開催!

今年2回目の見学会を門野球場のそばで行うことになりました。
今回開催する住宅は、36.8坪の4LDK+ウォークインクローゼットの
家族4人がゆったり暮らせる間取りのプランをご覧頂けるものとなっております。
収納も沢山ある充実のプランとなっております。
今回もお施主様のご厚意でお見せできることになりました。
これから住宅をとご検討されている方には、非常に参考になるのではないかと
思いますので、是非この機会にご覧いただければと思います。


また、1月27日28日の吉田会場の見学会は
寒い日であったにもかかわらず、大変多くの方にご来場いただきまして
誠にありがとうございました。


遥々下田や熱海からご来場頂いたお客様もおりまして
我々スタッフ一同心より感謝しております。

最近は、新年会やいろいろな講演で
いざなぎ景気を超えた好景気と言う話を聞きますが
実感の伴わない話で・・・・
と言うスピーチを必ず聞きます。
これは、新聞やどのメディアでも言われていることではありますが
企業が利益を上げても、それまで我慢していた設備投資等にまわされ
我々にはなかなか還元されてこないと言うのが、
また多くの意見のように聞こえております。

いざなぎ景気のときも、実は好景気の実感はあまりなかったよ・・
と言う人がおりました。
では、いつ我々は好景気を実感できるんでしょうね・・・

やはり、消費が順調に行われないと景気はなかなか回復しませんが
大きな買い物をされる人の年代は・・・
概ね35~50歳の人達であろうと言われております。
今、2007年問題でも例にあげられておりますが
人口のウェイトを占めていた団塊の世代の人達が
定年を迎える・・・つまり60歳になると言うことですよね
と言うことは、先ほどの消費を行う人達のウェイトを占める35~50歳の中には
10年前から外れていたってことになりますよね・・・

そして、次に人口のウェイトを占めているのは・・
団塊jr世代になります。
この団塊jr世代は、今だいたい35歳前後だと思いますが
そうすると、10年前は25歳前後と言うことになりますよね・・

要するに、この10年間って人口の割合に占める
大きな消費をする年代のボリュームが少なかったって事になりません?
最も、すべてこの要因だとは思いませんが
まったく影響なかったとは思いづらくなりますよねぇ・・

だとすると、これからは少し良くなってくるのかも?
と楽観的に観たくなりますが・・・・

しかし・・・
1月は日銀の利上げ見送りと言うことになりましたけど
2月は?3月は?
これは、わかりませんね。。。
本来は、1月に利上げしたかったんですから
上げるのは時間の問題?
ではいつ?
これから選挙を控え、おそらく3月までには何としても利上げをしておきたいんじゃないでしょうかね・・・

住民税もこれから上がりますし、消費税の問題も棚上げの状態だし
先行き重たい事案が山積みな気もして来ます・・・

少なくとも、金利は上がりだすと意外と早いものですから
大きなローンを組むような買い物は
この1~2年が勝負になってくるんではないでしょうか?