『営業マンの独り言』Nо.71

ステイホーム → ソラージュ

 

 

「家で暮らす+家で働く」

 

時代の変化に柔軟に対応できる住まいづくり

新型コロナウイルスの流行により、私たちの暮らしや働き方は大きな変化を求められています。
リモートワークになると「子どもが気になって集中できない」、「夫婦で同時にリモート会議や電話をすると声が気になる」、「オンオフの切り替えが難しい」といったように、家族と同じ空間で仕事を行うことの難しさを感じてしまいます。

今まであまり意識していなかった「充実した暮らしと、快適な仕事環境を両立できる住まいづくり」という考え方が必要になってきていると思います。

私たちが考える理想の住まい

”いかに家族と過ごす時間を楽しめるか”、そして”いかに自分のペースを崩さず仕事できるか”が重要だと思います。
そのためには、デスクワークやリモート会議などの仕事、遊びや息抜きなどの気分転換、ひとりでも家族とでも心地よく使える空間。

そんな、状況に合わせて変化できる”余白”のある住まいづくりが必要だと思うんです。

 

 

 

住まいに青空オフィスをおすすめする理由

ソラージュにはプライベート空間ならではの安心感と、屋外環境ならではの解放感や適度な刺激があります。
まず、家の中と外に2つのプライベート空間があることで、お互いに過ごす場所を少しづつズラすことができ、ひとつの住まいの中で仕事と家庭をストレスなく両立させやすくなります。

さらに、ずっと家の中にいると、季節感や時間の経過が分からなくなることがありますが、ベランダや屋上に出ると、雲の流れや、太陽の傾き、風の匂いを感じ、鳥の声が聞こえてきます。
良い気分転換になりますし、五感で季節や時間の移り変わりを感じられるので、家の中で過ごしていても窮屈さを感じずにいられるし、むしろ適度な刺激を受けて仕事が捗ります。

 

これまで私たちは家族で遊び、楽しむ空間としてソラージュをご提供してきました。
しかし、本当は屋上に決まった用途のない”余白”の空間なので、どんな色にも染まるんです。

家で仕事をしながら豊かな時間を楽しむ住まいづくりに、改めて「青空オフィス」としてもご提案したいと思っています。